キャンピングカーで長旅するために。

キャンピングカーとは寝泊りする機能を備えた車のことです。

ただ、最近では道の駅の整備が整えられていることから、風呂やトイレ、食事は外部施設を利用して車は寝るための場所として利用されることが多くなっており、一般的なワンボックスカーよりフラットになるシートが搭載されたものが多くなっていて、そのほかの設備は申し訳程度に備わっています。

このように寝るだけの用の車としての利用も増えていますが、シニア層では気ままな旅としてキャンピングカーの旅をしている方たちが反対に増えています。

そのような人たちは、キャンピングカーと名のつく家で生活しています。
「車」と考えては長続きはしません。「家」と考えて、普通に生活できるように不便がないような設備が必要になります。
例えば、トイレ。トイレのない家なんて存在しないように、キャンピングカーで旅をするなら必要です。
ガスコンロも同様です。お店での食事も良いですが、長旅をするのに、常にお店で食事はしんどいものです。
やはり、簡単に作れる野菜炒めなんかが食べたいこともあります。
そんなときにはガスコンロも必要です。

キャンピングカーを寝るだけの車として利用する場合は、キャンプやちょっとした旅行になら良いですが、長旅をする場合は設備の整ったキャンピングカーが必要です。